menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 託児所・保育園の経営委託についての情報まとめ » 託児所・保育園の運営を委託するメリットとデメリット

託児所・保育園の運営を委託するメリットとデメリット

ここでは、託児所・保育園の運営を外部に委託するメリットとデメリットについて解説しています。

託児所・保育園の運営を委託するメリット

託児所・保育園の運営を委託すると、以下のようなメリットがあります。

1.業務負担の軽減

保育士の採用や教育・研修などを含めた管理や必要書類の提出や行政への対応、保護者からの問合せやクレーム対応などを任せることができるので、業務負担が軽減します。

2.保育サービスの質の向上

経験とノウハウを持った業者が運営を行うので、保育サービスの質の向上が期待できます。また各種イベントや野外活動、病後児保育など自営では難しいサービスも可能になります。

3.無駄を無くしてコスト削減

保育園の運営を圧迫するのは保育士の人件費ですが、外部委託では預かり人数に応じて柔軟に人件費を変動することができるので、無駄がなくなりコスト削減につながります

託児所・保育園の運営を委託するデメリット

託児所・保育園の運営を委託すると以下のようなデメリットがあります。

1.委託料がかかる

業務委託料が発生するので、見かけ上の費用はアップします。ただ業務を委託した分だけ、企業の手間や負担が軽減されることがあるので、費用以上のプラス効果も期待できます。

2.独自の保育サービスは困難

一定以上の保育サービスの質や内容は期待できますが、委託業者によっては自社独自の保育サービスを展開するのは難しい可能性があります。

3.委託業者の経営不振・倒産リスク

委託業者の業績が悪化してサービスを継続できなくなったり、倒産してしまう可能性があります。特に委託料金の安さだけで決めたり、信頼性を気にせずに選んでしまうのに要注意です。

保育園運営を委託した人の声

  • 以前は管理がずさんで、市の職員から「最悪は閉鎖」とまで指導されていましたが、信頼できる業者に委託してからは管理体制と保育士への教育がしっかりしていて、今回の監査では市からお褒めの言葉をいただけるようになりました。
  • 当病院では自営を基本としていますが、土曜日・夜間の部分を委託しています。融通が効く保育士さんが揃っているので、昼間勤務の職員や保護者にも好評で、看護師の安定した稼働時間を保てるようになったことが大きいです。
  • 事業所内保育所を直営していましたが、利用者から保育内容や衛生面での不満やクレームが多くあり、他の保育所へ流出するような状況でした。委託にしてからは、スタッフの指導も行き届いており、高い満足度を維持できています。
  • 事業所内保育園は、初めての取り組みで運営委託で始めてみました。社員からは朝早くから遅くまで預けられて、楽しいイベントや英語教育もついているから嬉しいと評判が良いです。来年春には第2保育園を開園する予定です。
この3タイプを見ればOK!おすすめ保育委託業者を比較してみた
この3タイプを見ればOK!おすすめ保育委託業者を比較してみた

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ