menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 一般保育所の開設事例を紹介

一般保育所の開設事例を紹介

保育所・託児所の種類や業務内容を説明。また、保育所・託児所で運営委託を導入している事例も紹介しています。

保育所と託児所、幼稚園の違い

保育所と託児所は0~6歳までの幼児を受け入れる施設ですが、厳密には同じ保育施設ではありません。保育所は児童福祉法にもとづき、保護者が病気や仕事などで養育できないために子どもを預ける場所。託児所は保護者が養育できない乳幼児などを預かってその保育にあたる施設となっています。そのため、保育所を開設するには児童福祉法39条・45条の規定をクリアしなくてはいけません。規定を満たしていない施設は全て「認可外」「無認可」の託児所となります。

また、主に3~6歳までの幼児を受け入れる保育施設が幼稚園です。時間帯が保育所とは異なり、9:00~14:00までとしているところがほとんど。幼稚園は文部科学省からの認可に加え、園長・教諭・学校医などを雇うことが開設条件です。

保育所を運営委託するメリット

一般保育所の運営は主に自営ですが、経営やコストの面から運営を委託することもあります。保育士1人を雇うまでには40~50万円のコストがかかるもの。保育士が少なくなっている現在では、保育所の運営を委託して業者による保育士の派遣や行政手続きなどを行うケースも増えてきています。保育所の運営を委託することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 保育士の教育や採用、労務管理などの業務削減
  • 助成金対策のサポートが受けられる
  • 専門性が高まり、質の高い保育サービスが提供できる
  • 英会話教育や各種イベント参加など、自営ではできないことが可能になる
  • 預かり人数に合わせて、保育士の数も変動ができ無駄な人件費がかからない
  • 保育士が辞めても、すぐに業者の方で手配してもらえる

保育所で運営委託を導入した事例

認可保育園の導入事例

国や行政機関から認められた保育施設として運営しているのが認可保育園です。各種助成金や負担の軽減が受けられるメリットも。ただし、認可されるには厳しい基準のクリアが必要です。そのため、運営が難しい場合は業務代行や運営を代わりに行う委託業者に依頼することも少なくありません。

  • 行政改革のために民間業者に運営を委託した保育所。スタート時は今までより利益重視の経営になるのではと心配していましたが、1年間運営委託してみたところ保護者からも「今までより良くなっている」との声が聞かれるようになりました。安心して子どもを預けられるという声も多くなっています。

認可外保育園の導入事例

認可外保育園は行政から認定を受けていない分、自由度の高い保育ができる施設。しかし、自由度の高さは運営の難しさにつながります。保育園経営のノウハウがないままに運営してしまうと、人材不足や園児の減少などさまざまな問題を生むことに。ここでは運営を委託することで、うまく保育園を経営できるようになった事例を紹介しています。

  • アミューズメント施設のサービスとして開業。委託業者には設計から業務の代行まで対応していただいています。親子イベントや保育ルームの区分けなど、子どもたちが過ごしやすい環境がつくられており、保護者からの評判も高まっています。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ