menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 病院内託児所・保育所の開設事例を紹介

病院内託児所・保育所の開設事例を紹介

病院内保育所の種別や内容を説明。また、病院内保育所を導入している事例も紹介しています。

病院内保育所とは

病院内保育所とは、病院に勤める医師や看護師、その他職員の子供を預かる目的で設置される保育所のことをいいます。病院は24時間365日稼働するため、そこに勤務する人の子供の預け先がないことが問題でした。

そこで、独自に病院内に保育施設を設けたことが始まりとされ、比較的小規模なのでじっくり保育ができるとされています。また、子供が病気の際も病院に近いのですぐに対応が可能です。

近年では、人手不足という背景もあり、病院に勤務する職員の離職率を下げたり、採用の際の人材獲得のために病院内に保育所を設置するケースが増えています。

病院内保育所の種別

病院内保育所そのものには種類はありませんが、自治体などから保育所運営費補助を受ける際には次の表のような種別があり、補助率が変わってきます。

補助の条件として、「原則12ヶ月運営している」「1人当たり平均月額1万円以上の保育料を徴収している」ことなど定められているため、事前に確認しておくことが必要です。

種別 保育児童数 保育士等数 保育時間
A型特例 4人未満 2人以上 8時間以上
A型 4人以上 2人以上 8時間以上
B型 10人以上 4人以上 10時間以上
B型特例 30人以上 10人以上 10時間以上

病院内保育所委託のメリット

病院内保育所は自営することも可能ですが、慣れない運営に手間がかかり非効率になることがあります。経営効率アップには、外部の専門業者に委託するという方法があり、次のようなメリットが考えられます。

  • 保育士の教育や採用、労務管理などの業務削減
  • 助成金対策のサポートが受けられる
  • 専門性が高まり、質の高い保育サービスが提供できる
  • 英会話教育や各種イベント参加など、自営ではできないことが可能になる
  • 預かり人数に合わせて、保育士の数も変動ができ無駄な人件費がかからない
  • 保育士が辞めても、すぐに業者の方で手配してもらえる

総合病院の導入事例

  • 保育所の運営に関して、運営ノウハウがなくても専門業者に委託することで、病院内保育所の設置が実現できました。
  • 院内保育所を設置することで、職員全体が子育てに対する理解度が高まり、採用面でも就職希望者が増えました。

24時間保育の導入事例

夜間や早朝だけでなく、24時間対応で子どもを預かることを24時間保育といいます。保護者が安心して腹けるというメリットもあり、シフト勤務の職場では仕事と子育てを両立させるため、24時間保育が重宝されています。

  • 質の高い医療サービスのため、充実した院内保育所を作ったところ、面接応募者からの反響が良く、職員の復帰にもつながっています。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ