menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 病院内託児所・保育所の開設事例を紹介 » 24時間保育の導入事例

24時間保育の導入事例

ここでは、24時間保育とはどういう内容の保育のことなのか、そのメリットや病院での導入事例などを紹介しています。

そもそも24時間保育とは何?

認可保育園では、標準保育時間が11時間(東京都は13時間)と定められています。これを超えて子供を預かることを延長保育と呼び、就労などの理由による場合には、一部で延長保育の利用ができます。

認可外保育園の場合は、保育時間の制限がないため夜間や早朝に開所時間を設定したり、場合によっては24時間保育を行っている施設もあります。18時以降に行われる保育は夜間保育、24時間対応の場合は深夜保育とも呼ばれます。

病院などシフト勤務が日常的に行われる職場では、仕事と子育ての両立のためにこうした夜間保育や深夜保育が望まれています。

24時間保育のメリット

24時間保育の最大のメリットは、保護者が安心して働けるということ。例えば、看護師が務めている病院に24時間保育施設が無い場合、出産後に子供を預かってもらえる施設が見つからないことで、夜勤などに入れず仕事を続けられなくなります。24時間保育が病院にあることで、看護師の離職率が下がるのです。

もう一つ病院内保育所のメリットとしては、勤務する病院が運営しているという安心感です。外部の深夜対応の認可外保育所の中には、劣悪な保育環境や事故が問題視されることもあります。保護者としてはどうしても不安が残ります。やはり就労状況をよく理解している、企業内保育所や病院内保育所の方が安心できます。

24時間保育を導入した病院の事例

24時間保育を導入した病院のきっかけや、その効果について紹介します。

職場の情報交換の場にもなった(愛知県K病院のケース)

こちらの病院では、常に先進的な医療やサービスに取り組んできており、病院内保育所についても1972年には開園し、職員の働きやすい環境づくりに力を入れています。

重要なスタッフのために24時間保育に対応

当初は病院が自営していましたが、2003年から外部に運営を全面委託。さらに利用者の増加に合わせ、2014年の秋には園舎をリニューアルしています。

保育所は病院に隣接しており、基本的には7時~22時までで365日対応ですが、リニューアルの際に夜勤の職員のため週2回の24時間保育にも対応。出産や子育て時期を迎える職員は、病院にとって中堅的役割を担う重要なスタッフだからです。

採用活動にもよい影響

病院の基本である質の高い医療サービス実現のためには、充実した院内保育所は必須と考えて設立したことが、採用活動にもよい影響を与えています。

求人情報に「院内保育所あり」と打ち出すと、応募者からの反響が大きく、面接時にもよく確認されます。また産休に入る職員の職場復帰を後押しもしています。

さらには、職員同士がママ友という関係ができ、職場の情報交換やコミュニケーションの場にもなるという副次的効果もありました。

今後も園児100名体制を視野に、24時間保育だけでなく多様なニーズに対応した保育を目指したいと思います。

子育てしながら勤務する看護師が増えた(千葉県A病院のケース)

A病院では看護職員を確保するため、24時間の病院内保育を開始。

初めは委託経費を考えて直接雇用や自社運営も検討しましたが、保育士の確保が難しいこともあり、10年以上外部に委託運営をお願いしています。

シフトに合わせた保育で負担を減らす

保育所は全職員が利用できるようになっていて、GWや年末年始も24時間運営ができるような体制を整えています。そのため、夜勤をしてくれる看護師が増えてシフトを組みやすくなりました。

保育士のシフトは子どもを預ける頻度が多い看護職員の勤務シフトに合わせて決めるため、職員の負担を減らすことにもつながっています。保育所があることで看護師の応募も増えており、人手不足も解消されました。

復職しやすさが大きなメリット

通常、出産を経て看護師に復帰するのは難しいものですが、24時間保育を取り入れることで解決。子どもを預けながら、仕事ができる体制を整えました。

医師や看護職員は就学前までの子どもを預けられるからか、第二子、第三子が生まれても勤務を続けてくれる方が多い印象です。当分は24時間保育を続けたいと思っています。

託児所の新設で継続勤務の看護師が増加(A病院の事例)

運営委託を前提に、院内へ24時間運営の託児所を新設したところ、業務がうまく回るようになりました。看護師の退職率が減り、結婚・出産後も勤務してくれる方が増え、円滑な業務体制の構築に役立っています。

看護師の応募が増えて採用コストの削減に

院内託児所があることを求人広告に掲載するようになってから、以前に比べて看護師や応募してくる看護師や医療スタッフが40%以上増えました。自分たちで探して雇用するよりもコストがかからず、優秀な人材を厳選できるため、非常に助かっています。

また、待機児童問題や保育園の時間が合わず働くのが難しいという悩みにも対応できるようになったことで、安心して子育てができると復職する看護師が増えたのも喜ばしいです。

24時間運営がシフトの組みやすさにも影響

24時間365日運営し続けることで、夜勤のシフト調整がしやすくなったのも大きなポイントです。

いつでも子どもを預けられることで夜勤のハードルが下がり、勤務してくれる看護師が増えたのです。それにより、毎月苦労していたシフト調整にかかる時間が軽減されました。

委託前よりも夜勤シフトを組める回数が増え、看護師長の負担もかなり軽くなったといえます。

事例を振り返って

24時間いつでも患者を診なくてはならない病院では、24時間保育の必要性も高いようです。

紹介した病院からは、運営を委託したことでシフトが組みやすくなっただけでなく、復職してくれるスタッフが増えたという声も。子どもを一人で家に居させる不安が解消されるため、仕事に戻りやすいのかもしれません。

院内保育所を導入することで、求人の応募数が増えるというメリットもあります。地域にもよりますが、子育て中で通常勤務が難しい方に24時間保育は嬉しいポイントだといえるでしょう。

病院内の託児所は自社運営だとスタッフのシフトや予算の兼ね合いを難しい点もあります。十分に検討し、負担が大きいようなら業者に委託するのも一つの手です。

この3タイプを見ればOK!おすすめ保育委託業者を比較してみた
この3タイプを見ればOK!おすすめ保育委託業者を比較してみた

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ