menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 社内に託児所・保育所を開設する方法まとめ » 保育士の配置基準

保育士の配置基準

保育士の配置基準とは?

国や各自治体により「園児に対して何人の保育士を保育に充てるか」という人員のセッティングに関する基準が設けられています。この基準を遵守することで、適切な運営環境にあると判断され、スムーズに開園することができます。計画通りに保育園の開園・運営をするため、自園のある自治体の配置基準のチェックや確保すべき保育士数を求める方法を知っておくことが重要と言えるでしょう。

保育士の配置基準が設けられている理由

原則として、ひとつの保育園では保育士を常に2人以上配置しなくてはいけません。“常に”というところに注目すべきで、保育すべき対象児童がいる間は、かならず保育士が2人以上必要なのです。

このような園運営に最低限必要な条件を設けることで、保育士ひとりひとりが抱える保育への負担を軽減することができます。これにより余裕のある保育サービスの提供が可能になり、安心・安全な保育へと繋がっているのです。

配置基準

子どもの年齢によって保育士の配置基準は異なります。

  • 0歳児3人につき1人
  • 1・2歳児6人につき1人
  • 3歳児20人につき1人
  • 4・5歳児30人につき1人

上記は例として、園児数に対して必要な保育士数をおおまかに記載したものです。これに保育士を常に2人以上配置するという条件がプラスされます。また、認可保育園の場合は各自治体運営となるので、より多様な配置基準が設けられています。

保育士不足が問題視されていますが、保育士が急に休むことになっても、迅速に人員を補充できるほどの余裕が欲しいのです。そこで、欠員時の人員補充や保育の安全性を考慮して多くの場合、最低基準よりも多くの保育士や保育補助を確保しています。

保育士の配置基準を計算する方法

地域の配置基準を確認する

地域ごとに設定されている配置基準を明らかにすることで、必要な保育士数を計算することができます。

保育園の定員を確認する

保育士ひとりに対して何人の園児を同時に見ることができるのかを知るために、保育園の定員を確認することが重要です。

子どもの年齢別で配置基準の定員を割る

では、134人を定員とした保育園を例として挙げましょう。以下のような年齢ごとに定員を設けています。

0歳児:6人
1歳児:6人
2歳児:12人
3歳児:20人
4歳児:30人
5歳児:60人

地域ごとに配置基準は設けられていますが、今回は以下の基準にて計算します。

0歳児3人につき保育士1人
1・2歳児6人につき保育士1人
3歳児20人につき保育士1人
4・5歳児30人につき保育士1人

計算式は「定員数÷配置基準=保育士の配置人数」です。

0歳児:6人÷3=2人
1歳児:6人÷6=1人
2歳児:12人÷6=2人
3歳児:20人÷20=1人
4歳児:30人÷30=1人
5歳児:60人÷30=2人

保育士の必要配置人数の合計は9人となりますが、これは保育時間帯に最低限配置が必要な保育士の数であって、職員の勤務体制を鑑みながら、プラスして職員を採用しなくてはいけないでしょう。

また、園長や主任といった管理職の役割を担っている職員に関しては、保育士資格を所持していても保育士の人数として換算できませんので注意が必要です。

保育士の配置基準の緩和とは

保育士不足による待機児童問題が浮き彫りになっているのを背景に、国は保育士の配置基準を緩和する取り組みを行っています。

  • 保育士の人員確保が難しい保育園では、延長保育の実施などにより残業が増えると在籍中の保育士に多大な負担がかかります。そこで子育て支援員を保育士の代わりとして採用し、保育士+子育て支援員を配置することで、保育士を常時2名以上配置しなくてはいけないという配置基準を緩和しています。
  • 延長保育の実施により8時間以上開園しなくてはいけない保育園に対して、プラスで採用すべき保育士の代わりに子育て支援員の配置を認めています。
  • 全体職員の2/3以上の保育士を配置するという条件のもと、幼稚園教諭や養護教諭などの子どもと大きな関わりを持つ資格所持者を保育士の代理とすることができます。もちろん、保育に関する知識が必要なので、これらの有資格者であっても子育て支援員などの研修を受ける必要があります。

このような緩和措置のおかげで待機児童問題解消の光明が見える一方、保護者からは保育サービスの質が低下するのではないかと心配の声がしばしば聞こえてきます。さらに、安全面に対しても不安を感じる人も少なくありません。

保育士不足による園運営が困難な状態は免れますが、研修・勉強会の実施をするなど、職員教育や安全対策への工夫やしっかりとした措置を行う必要であるでしょう。

 保育士の配置基準を守るために必要なこと

当記事で紹介しました例では、保育士の配置人数は最低9人が必要でした。しかし、多くの保育園ではシフト勤務制が採用されており、延長保育を実施すると、労働時間が8時間を超える保育士も出てきます。それでは、保育士に対して負担が大きくなってしまうので、すべての時間帯で配置基準を満たすだけの保育士の確保が必要でしょう。

また、心身をリフレッシュするための休憩や休暇を取ることは保育の質の向上には欠かせません。そのため、そのような時間をしっかりと確保できるように配置人数に余裕を持って保育士を採用することが大切です。

保育の質を向上し、安心・安全な保育を実現するためには、保育士をはじめ、子育て支援員の十分な人員配置が必要なのです。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ