menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 企業の社内託児所・保育所開設の委託事例を紹介

企業の社内託児所・保育所開設の委託事例を紹介

企業内保育園の種類や内容を説明。また、企業内保育園を導入している事例も紹介しています。

企業内保育園とは

企業内保育園とは、企業などで主に従業員の子供を対象に、企業内または事業所の近くに設置した保育施設のことで、認可外保育園の一つとして分類されます。企業の勤務体制に合わせた保育時間を設定することができ、仕事と子育ての両立をサポートします。

施設は企業が作っても、運営は保育サービスを専門とする外部の業者に委託するケースが多く、保育園の設置場所によっては周辺地域の子供を受け入れることもあり、待機児童の解消に役立ちます。

企業内保育園の種類

単独型

企業1社が単独で保育園の設置から運営まで行うパターンです。従業員の子供のみを対象にしてクローズドな施設にすることもできますし、地域の児童にも開放し広く利用してもらうオープンな施設にすることも可能です。オープンにすることで、企業のイメージアップや待機児童問題解消として地域に貢献することにもつながります。

共同型

共同型には、1社単独で設置して関係性の深い周辺の企業と共同利用するケースと、そもそも設置の段階から複数の企業が費用負担をして共同設置するケースがあります。共同型では、保育園の利用人数に増減が生じた場合に運用リスクを分散できますし、共同設置する場合はそれに加えて経済的な負担を分散して軽くする効果が期待できます。

企業内保育園を委託した時のメリット

自社運営ではなく専門の業者に保育園の運営を委託した場合には、以下のようなメリットが考えられます。

  • 保育士の教育や採用活動を自社で行わなくてもよい
  • 保護者からのクレームや要望などの対応を任せられる
  • 委託業者によっては、助成金対策や行政対応もお願いできる
  • 教育カリキュラムや野外活動など、自社運営ではできないことが可能
  • 預かり人数に合わせて、保育士の数も変動でき運営が効率的
  • 専門性が高まり、質の高い保育サービスが提供できる

企業内保育園導入事例

大手企業内の保育園導入事例

  • 設備や助成金の申請などは業者のアドバイスで進めることができ、教育面でもしっかりした保育ができています。設置で退職者が減り従業員のモチベーションアップにもつながりました。
  • 本社敷地内の研修棟に保育園を設置したところ、結婚・出産による退職者数が大幅に減少。従業員の仕事に対するモチベーションをアップすることに成功しました。同行では、かねてから企業内保育園を希望する声が根強かったそうです。信頼できる委託業者の選定には苦労しましたが、業者の実績・コストを見ながら地道に厳選していきました。 実績豊富な委託業者からのアドバイスをもとに、設備面や助成金などの難しい手続きもスムーズに進めることができたそうです。教育面でも信頼できる業者ということで、子どもを預けている従業員も安心して仕事に打ち込める環境になりました。
  • 2018年7月より企業内保育園を開設し、産休・育休明けの従業員が復職しやすい職場環境を目指しています。企業側で育休や短時間勤務・週3勤務の制度を整えていても、子どもを預ける保育園が見つからなければ復職できないという社会問題を克服するために、企業内保育園の設置を決定。 企業内保育園を導入した結果、産休・育休後の復職率が99.1%を記録。出産・育児による不本意な退職が減りました。 企業内保育園の開園時間は、7時~18時。必要に応じて、18時~20時の延長にも対応しています。日祝日・年末年始の休業中の運営は外部に委託。今後は、東京以外の拠点でも導入を検討しています。

中小企業の保育園導入事例

  • 保育に関する知識が無いため委託業者に運営は依頼しました。設置後は子供の具合が悪くなった時に他の従業員がカバーするような支え合いの意識が生まれ採用活動も順調です。
  • 企業内保育園を設置した結果、募集費用をかけずに人材を採用できるようになりました。ママ友の口コミ効果で、働きたいのに預け先が見つからなかった優秀な女性の応募が急増。もともと既存の人員を確保するために思い切って設置した企業内保育園でしたが、期待以上の効果を生み出したのです。 元従業員からの「復職したい」という要望を受けて、トップダウンで企業内保育園の開設を決定しました。委託業者探しにはかなり苦戦したものの、10社以上に問い合わせした結果、四国から東京に進出する保育園運営会社に引き受けてもらえました。ただ単に企業内保育園を設置するだけでなく、子どもの具合が悪くなった時には他の従業員がカバーする体制を整えるなど、支え合いの意識も大切にしています。

企業内保育園の運営を委託した事例

  • 以前は保育施設の自社運営をしていましたが様々な弊害が生じたので委託に変更しました。その結果、管理業務でシフト調整に追われることが無くなって業務効率がアップしました。
  • 以前から院内保育園がありましたが、そこで働く保育士や看護師も同じ職場の同僚という立場だったため、お互い必要以上に気を遣ったり不満を募らせたりするという弊害がありました。 さらに、病院特有の夜勤との調整も、難しい課題でした。子どもを院内保育園に預けている看護師の夜勤を入れるには、同じく夜勤に入れる保育士がいる日でなければならなかったからです。そのため、看護師長はシフト調整作業に費やす時間が長くなり、本来の業務に支障をきたすようになったのです。 委託運営に切り替えると、保育園の夜勤稼働日数が4倍に増加。保育士に気兼ねすることなく夜勤に入れるようになり、シフト調整もスムーズになりました。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ