menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 保育園の委託業者まとめ » キッズコーポレーション

キッズコーポレーション

ここでは、キッズコーポレーションのサービスの特徴やサービスの内容、保育への理念などを紹介しています。

キッズコーポレーションの特徴

キッズコーポレーション
画像引用元:キッズコーポレーション公式HP
http://www.kids-21.co.jp/

キッズコーポレーションは、病院や企業内保育園の運営受託を中心に、認可保育事業の運営、商業施設内保育の運営、保育事業のコンサルティングまで手がける子育て支援会社。現在は、全国で80施設を超える保育園の運営を行っています。

受託した企業内保育園の運営では、女性が働きやすい環境をつくることを念頭に、設備などのハード面をクライアント、保育士の研修や行政対応、保険などソフト面をキッズコーポレーションが担当するスタンスです。

初期費用の200万~300万円のほか、事業収益の3~5%を手数料として支払う費用形態です。保育士の確保が難しくなり、人件費が上昇しているため2016年には運営費上げを要請したことがニュースにもなりました(注1)。

保育施設側の業務効率改善などを目的として、スマートフォンのシステム開発をおこなったり、海外展開をしたりと、積極的に新しい試みを行っている会社です。

キッズコーポレーションの調査結果

コスト 初期費用
(園児10名・200m2、初期コンサル依頼の場合)
150万~
※電話調査より
月間運用費用 200~250万円
※電話調査より
初月合計費用 350~400万円
保育サービスの質 保育士研修はあるか
※HPより
保育士は自社雇用か
※電話調査より
継続性 コンサルティングをしてくれるか
※電話調査より
集客してくれるか
※電話調査より
開設業務 設計提案
※電話調査より
助成金対策 助成金関係書類の作成
※電話調査より

キッズコーポレーションの保育委託のチェックポイント

保育サービスの質

キッズコーポレーションでは、スーパーバイザー制度を導入。毎月担当するスーパーバイザーが保育園を訪問し、問題点などを指摘し改善します。また、開設のための専属スタッフや園児募集のポスター、しおりを作成するデザイナーなども、業務ごとに専門スタッフを投入するので、常に保育の質を安定的に維持できる体制になっています。

継続性

企業内、病院内保育所を委託する場合は、保育実務や保育計画の作成、保育士の教育・研修、労務管理、保護者対応、行政・事故対応、損害賠償保険などのソフト面においては、キッズコーポレーションが行ってくれます。コンサルティングや集客もしてもらえるので、経営を続けるなかで負担が少ないです。

対応エリア

キッズコーポレーションは全国対応の保育業者で、ほとんどの都道府県に運営する保育園・託児所を持っています。本部は栃木県にありますが、全国の保育園をスーパーバイザーや社長が巡回するため、安心して施設の運営を委託することが可能です。

特徴を振り返って

キッズコーポレーションの運営は企業側と連携し、保育士研修や行政対応などをメインで対応するのが特徴。設備や備品を企業側に負担してもらうことで、保育の要となるサービスの質を向上させているようです。最近は新しい試みとしてシステム開発や海外展開など、施設側の業務改善にも取り組んでいます。

保育に対する理念

キッズコーポレーションは、英国の『ピーター・パン』の著作者であるジェイムズ・バリーの言葉、「KIDS FIRST」を保育理念の基本としています。これは「子どもが元気で大人になれるよう、なにより子どもが最優先」とした作者の想いそのもので、その考えを尊重し、子どもに寄り添う自由な保育と施設の運営を行っています。

キッズコーポレーションが採用する保育士の特徴

キッズコーポレーションが考える自由保育に共感してくれる保育士を採用しています。子ども達をある程度の発達状況でわけてグループで同じことをする一般的な保育ではなく、子どもが自分からやりたいことを見つけ、それを見守ることで自主性や好奇心などを育てていくのが自由保育です。

このように個別に違う子ども達ひとりひとりの発達状況に合わせた対応をすることで、人間力が育つと考えています。もちろん共感するだけではなく、自由保育に向いている人物でなければいけません。共感してくれたうえで、子どもが大好きで優しい先生になりたいと考えている、これらがキッズコーポレーションの保育士の採用基準です。

キッズコーポレーションの実績

新卒の採用実績

年度 合計 男性 女性
2017 8名 0名 8名
2016 8名 1名 7名
2015 8名 0名 8名

2017年度までの採用人数は各年8名までと少なめですが、これは新卒採用よりもキャリア採用を重視していたためです。2019年度新卒者より新卒募集にも力をいれています。

また新卒採用者の多くが女性となっており男性を採用していない年もあるので、女性保育士が中心となって活躍しています。

学歴別の新卒採用実績

大学 12校
短大 8校
専門学校 3校

過去の採用実績は23校で、採用の中心は大学・短大からとなっています。

キッズコーポレーションで働く保育士の口コミ

  • 子どもを第一に考えている素敵な職場です。施設で働く保育士は女性が多いので、女性もしっかり活躍することができます。
  • 園内での保育士やほかの職員との仲が非常によいです。ただ仲がよいだけではなくて、それを活かして保育業務もしっかり連携がとれる環境だと感じています。
  • 自由保育で「見守りつつ育てる」という保育方法は、やりがいを感じて仕事をすることができます。施設によっても異なる部分はありますが、基本的にはしっかりお子様が優先での保育がされていると感じています。
  • 職場の保育士同士も仲がよく、園の施設もきれいな印象を感じます。またエプロンが可愛いデザインなのもポイントです。
  • 自由保育という保育方法を取り込んでいることもあり、保育に対しての情熱を熱く感じます。
  • キッズコーポレーションは、保育士と子どもの両方を大切にしてくれるので、仕事がとても楽しいです。ムダな事務作業がないため、保育の業務に専念できます。
  • 保育士が自ら考えて行動できる保育施設です。スタッフそれぞれの個性を大事にして、チーム全員で協力し合いながら働ける環境が整っています。

キッズコーポレーションの会社概要

創業 1993年12月1日
本社所在地 栃木県宇都宮市南大通り2-6-1 KIDS 1ST BLD
事業所 東京オフィス、大阪オフィス、札幌オフィス、仙台オフィス、富山オフィス、福岡オフィス、水戸オフィス、高崎オフィス
資本金 3,000万円
従業員数 1,523名(2018年4月現在)
対応エリア 全国
事業内容 病院内保育園の運営受託、企業内保育園の運営受託、認可保育事業の運営、商業施設内保育の運営受託、保育事業のコンサルティング
問い合わせて調査してみました!保育委託業者のサービス内容まとめ
問い合わせて調査してみました!保育委託業者のサービス内容まとめ

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ