menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 委託前に知っておくべき保育園の種類

委託前に知っておくべき保育園の種類

保育園の種類

保育園は子供を預かってくれる場所、というのは種類に関わらず共通しています。しかし、子供を預かるという重要な施設ですから、保育園ごとに基準が設けられています

ここでは、保育園の種類ごとの特徴をご紹介します。

認可保育園

認可保育園は国が定めた基準を満たしていて、都道府県知事によって認可された児童福祉施設です。

認可保育園には、自治体が運営する公立保育園と民間企業が経営する私立保育園、民間に業務委託をして運営される公設民営保育園の3種類があります。

認定こども園

認定こども園は、幼稚園と保育園の良さを併せ持ち、幼児教育と保育を一体的に行う施設です。就学前の子供の教育と保育を提供できること、子育ての相談活動や親子が集える場所を提供するなど地域の子育て支援ができることが必須機能です。

小規模認可保育園

定員6人から19人でも保育園としての認可が下りるのが小規模認可保育園です。

子ども・子育て支援制度事業の一つで国が定めた基準をクリアしていることが条件ですが、認可保育園よりも開園しやすく、補助金を受けられるのが特徴です。

認可外保育園

国が決めた基準が満たせていない、もしくは満たしていても自治体の都合で認可が下りていないのが認可外保育園です。

サービス内容によって料金やシステムも決められるので、補助金はないものの運営しやすい施設と言えるでしょう。

企業主導型保育園

企業主導型保育園は、会社が開園・運営する保育園です。

社員のニーズに合わせて保育所を設置できるのが特徴で、認可外保育施設になるものの国から運営費や整備費に対して助成金を受けられます。

認証保育園

認証保育園は東京都オリジナルの制度で、独自の基準が設定されています

東京都民のライフスタイルに合わせて基準が作られていて、駅前基本型と小規模・家庭保育所の2種類があります。

認定保育園

認定保育園は、今まで別々の基準となっていた保育園と幼稚園をかけあわせた新しい児童福祉施設です。保育園と幼稚園のメリット部分だけを切り取り、どのような家庭環境でも入りやすい保育施設となっています。

ベビーホテル

ベビーホテルは保護者の代わりに子供を預かって保育を行う施設で、20時以降の保育や、宿泊できるのが特徴です。

保育時間に縛りがないので、仕事の時間が不規則な保護者にはとても便利な保育施設です。

このように保育園にはたくさんの種類があり、それぞれにメリットデメリットがあります。

運営のしやすさはデメリットによって決まるので、しっかり把握して選びましょう。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ