menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 保育所の委託業者の選び方 » 保育所の設立・運用時のコストをチェック

保育所の設立・運用時のコストをチェック

ここでは、事業所内保育所の設立にかかる費用の目安や、委託業者に依頼してコストを抑える方法について紹介しています。

事業所内保育所の開業にかかる費用は?

保育所を作る見積もり

経済産業省の平成21年度調査データによれば、事業所内保育所を設立する際にかかる費用の目安は700万円~4,000万円とされています。

費用に幅がある理由は、保育所の規模の違いや新設と増改築・改修など様々なパターンがあるからです。

例えば、社員食堂の一部を改修して20名定員の施設にするなら工事費は500万円程度で済みますが、敷地外に50名定員の施設を新築するとなれば、工事費だけで5,000万円かかります。

したがって事業所内保育所を開設する際は、企業が所有する既存施設や土地をいかに活用できないかを検討することでコストを抑えられる可能性があります。

保育所を開設するには、事業計画の作成や保育室の設計、自治体への申請など、多くの準備が必要になります。こういった準備が不安な方は、代行してくれる委託業者に依頼するのがおすすめです。こういったコンサルを行ってもらうには初期費用が必要となります。この初期費用には幅あるので、しっかりと確認しましょう。

保育所の運営にかかる費用は?

保育所の運営費の平均は、年あたり約2,000万円といわれています。運営費の8割程度は人件費と考えてよいですから、保育所の規模によって運営費も変わります。

例えば、定員10名の保育所で保育士4名という小規模のものであれば、人件費は600~700万円/年、諸経費130~150万円/年程度でこれらを合わせると730~850万円/年になります。もちろん、この他にも水道光熱費などもかかります。

しかし、企業主導型保育事業では設備費と運営費に対して助成金が支給されます。かかる費用のなかで大きな割合の助成金が支給されるので、かなりコストを減らすことができます。

コストを抑える方法

事業所内保育所を運営する場合は、コストをどうやって抑えるかが企業にとっては大きな課題となります。解決策として以下の方法が考えられます。

1.助成金を利用する

国では、一定の基準を満たす事業所内保育施設の設置・運営費用の一部を助成する制度を設けています。設置費に関しては2,300万円を限度額として1/2~2/3までを補助し、運営費に関しても規模によりますが、やはり1/2~2/3まで助成金を支給しています。また、内閣府は平成28年度から企業主導型保育事業を開始し、さらに保育所の設置がしやすくなっています。

2.委託料が安い業者を選ぶ

事業所内保育所の運営を保育所専門の委託業者に任せるケースも多いですが、その際に見積もりをとってできるだけ料金のかからない会社を選ぶことが重要です。毎月の運営費は、無料~300万円まで幅がありますので、自分にあった委託業者を選びましょう。但し、サービスの範囲をよく確認しないとサポートが悪かったり、衛生面がきちんとしていないことがあるので注意が必要です。

3.保育士を派遣してもらう

事業所内保育所を設立するうえで、大きな負担となってくるのが人件費です。人件費は認可・認可外に関わらず、運用費のおよそ8割を占めるといわれています。そのため、人件費を抑えることが経営コストの削減につながると言っても過言ではありません。一般的に保育士の採用には1人当たり40~50万円のコストがかかるため、自社で採用するとコストオーバーに。

無理なく保育士を雇うには、保育士を自社雇用している委託業者か、保育士の派遣サービスを利用するのがおすすめです。せっかく面接しても、本採用にならなかったり辞めてしまったりするとそれまでの費用が無駄に。保育士の派遣・自社雇用を行っている委託業者に依頼すれば、採用コストなしで運営できます。

以下に保育士の派遣や自社雇用を行っている委託業者を5社まとめているので、参考にしてみてください。

メディフェア

初期費用(園児10名・200m2、初期コンサル依頼の場合):0円※電話調査より

運用費:180~230万円※電話調査より

メディフェアは企業内保育所の開業支援や受託運営、コンサルタントなど多彩なサービスを行う会社です。保育士は自社雇用で、研修も欠かさず行っているのが特徴。開園後までを考えた長期的な目線で、コストを最低限にしながらもきめ細かなサービスを行っています。

物件選定から助成金のアドバイス、集客など安定した運営をするためのサポート力が高い業者です。

アートチャイルドケア

初期費用(園児10名・200m2、初期コンサル依頼の場合):回答なし

運用費:約200万円※メール調査

大手アートグループが運営するアートチャイルドケアは、認可保育施設からイベント時のベビーシッターまで幅広い委託業務に対応しています。運用費は平均的ですが、運用施設次第で他の業者より高くなる可能性もあるため、事前に問い合わせておくのがおすすめです。

キッズコーポレーション

初期費用(園児10名・200m2、初期コンサル依頼の場合):150万円~※電話調査より

運用費:200~250万円※電話調査より

病院内保育所・企業内保育所の運営やコンサルタントを手掛ける大手企業がキッズコーポレーションです。代行業務の幅が広く、施設の設置・維持管理以外はほとんど対応可能。初期費用は150万円~、月間運用費は200~250万円ですが、設計提案から助成金手続きの対応まで、値段に見合った質の高いサービスを提供してくれます。

アイグラン

初期費用(園児10名・200m2、初期コンサル依頼の場合):回答なし

運用費:回答なし

品質の高さとスピーディーな対応が魅力のアイグラン。日本サービス大賞で優秀賞をとったこともあり、質の良い保育が期待できます。アイグランは初期費用・運用費についての回答がもらえませんでしたが、電話で確認したところ保育士は自社雇用かつ研修もしっかり行っているとのことでした。

アンフィニ

初期費用(園児10名・200m2、初期コンサル依頼の場合):回答なし

運用費:約200~300万円※電話調査より

アンフィニは関東・東北で保育所の受託運営を行っている会社です。新設・既存どちらの保育施設にも対応しており、コンサルタントや集客のノウハウがあります。運用費は200~300万円と幅があるものの、自社雇用の保育士を派遣してくれるので、運用コストを抑えられるでしょう。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ