menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 委託前に知っておくべき保育園の種類 » 認可保育園

認可保育園

保育園

託児所や無認可保育園がたくさんあることからも想像できるかもしれませんが、保育園の経営は案外簡単に始められるものです。

とはいえ「認可保育園」には設置基準などの規則があります。どのような基準があるのかといった知識がなければ、保育園を運営することはできません。ここでは、この認可保育園について解説しています。

認可保育園とは?

認可保育園とは、国が決めた設置基準をクリアしている保育所です。このうち、自治体が運営している保育園を公立保育園、民間の経営団体や企業が運営するものを私立保育園、民間の業者が委託運営するものを公設民営保育園と呼びます。どれも公費で運営されるため、保育料は各家庭の所得によって変わります。

認可保育園の設置基準

認可保育園の設置基準の例として、以下のような項目が挙げられます。

  • 保育士一人に対しての児童数
  • 乳児一人当たりの保育室の広さ
  • 屋外遊戯場の広さ
  • 防災基準
  • 調理室の設備

また、保育時間や内容もある程度決められており、すべてをクリアしないと認可は下りません。

認可保育園に必要なものは?

保育園を経営するには資格が必要というイメージがありますが、経営するだけであれば特に資格は必要ありません。極端にいえば、保育を行う場所さえ確保できれば、誰でも経営できます

ただし、定員60名以上や開園予定地の2km圏内に保育所があると開設できないなど、開園にはさまざまなハードルがあるのも実情です。

認可を受けるメリットとは?

認可保育園の場合、運営方法に細かい規定があるほか、自治体によっては独自に基準を設けている場合もあるため、縛りがきついのは事実です。しかし、認可を受ければ、運営のための補助金を受けられたり、税制が優遇されたりといったメリットがあります。

認可保育園の経営を委託

保育園を運営するのであれば、補助金が受けられる認可保育園が理想です。しかし、現在待機児童と同じぐらい問題になっているのが、保育士の確保。人材確保は保育園経営の中でも一番困難とされていますし、ノウハウも必要となってきます。

そこで今注目されているのが、認可保育園の委託です。

保育園を開園するハードルは下がっているものの、実際に運営するとなると保育士の質や施設長のスキル、イベント行事や保育プログラム、施設の衛生管理など、いろいろな運営スキルが必要となります。

委託をすれば、これらの業務管理をする必要はなくなりますし、行政や保護者への対応も任せられるため、ハード面を管理するだけで運営できるという大きなメリットがあります。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

運用コスト重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

ページの先頭へ