menu
実際に業者に問い合わせて検証!保育所委託会社探しラクラクブック » 託児所・保育園の経営委託についての情報まとめ » 託児所・保育園の経営が赤字なら業者に委託すべき理由

託児所・保育園の経営が赤字なら業者に委託すべき理由

ここでは、託児所や保育園の経営が赤字となる原因と、経営を委託業者に依頼することメリットについて解説しています。

託児所・保育園の運営はなぜ黒字にならない?

保育園の経営が赤字続きでうまくいかないという話をよく聞きます。保育所の数が足りなくて待機児童が社会問題になるほどの状況で、なぜ保育園の経営が難しいのでしょうか。その理由の大半を占めるのは、経験やノウハウ不足により収支のバランスを欠くことで、保育士の人件費が賄えなくなっていることによります。

これは認可保育園、認可外保育園に関係なく起きている現象ですが、特に助成金などを当てにした経営を長年行っていると、徐々に経営への意識が薄れていきます。そこに突然、国の方針が変わることで助成金の額が減額されたり、打ち切られたりすると、それに対応できずに赤字経営になってしまうのです。

保育園が赤字の場合、委託がおすすめな理由

保育園の運営が赤字となり行き詰まっている場合には、解決方法として業者へ運営を委託するのがおすすめ。なぜなら、難しいとされる保育士の募集や労務管理や集客を、委託料さえ支払えばすべて任せることができるからです。

また、保育の委託業者は保育園運営のプロですので、これまでどの点が悪かったのかが明確になり、経営を改善してもらえます。さらには、業者の経験を生かしたイベントやサービスの拡充により、保育の質を高めることもできるのです。

運営を委託することによって効率化がなされ、預かる子供の人数に対して過剰な保育士の配置といった無駄も排除できるので、コスト削減が可能になります。

タイプ別保育委託おすすめ業者

サポート重視型

メディフェア

メディフェア公式HPキャプチャ

メディフェアの
公式HPを見る

価格重視型

キャリア・ン

キャリア・ン公式HPキャプチャ

キャリア・ンの
公式HPを見る

実績・ブランド重視型

アートチャイルドケア

アートチャイルドケア公式HPキャプチャ

アートチャイルドケアの公式HPを見る

タイプ別保育委託
おすすめ業者

委託業者の業務範囲は?

委託業者が代理で行う業務範囲は規定がないため、業者によって異なります。開業するまでの準備や保育所の設計を専門としており、開業後の運営についてはアドバイスのみといったこともあるため、業者の得意・不得意を見極める必要があります

保育園の運営委託業者のWEBサイトなどを調べるときには、運営に関しての以下の項目が業務範囲に入っているかをチェックしましょう。

  • 収支計画・保育計画の策定
  • 備品・必要用具・遊具の配置や補充
  • 保育関連書類の提供・作成
  • 保育士募集・採用面接
  • 保育士の教育・研修
  • 保育士の配置・管理
  • 自治体の監査対応
  • 園児の募集

委託業者に経営を委託して赤字から回復した事例

  • U病院では、24時間365日対応の保育施設を運営していましたが、責任者のスキル不足や保育園運営費増大が問題となっていました。そこで運営を業者に委託し、保護者会の定例化や現場教育・研修の徹底、夜勤帯を毎日から週3日にしてシフトを見直した結果、運営費の無駄がなくなるだけでなく、保育サービスの質も改善しました。
  • B社は社内保育所を直営していましたが、人件費の上昇によって赤字になってしまっているという課題を抱えていました。そこで運営を委託に切り替えたところ、保育師の募集・採用、研修、自治体監査対応などのコストを圧縮することに成功し、運営が安定しました。
この3タイプを見ればOK!おすすめ保育委託業者を比較してみた
この3タイプを見ればOK!おすすめ保育委託業者を比較してみた

ページの先頭へ